就業・起業支援

水産業

支援一覧

① 漁業就業者希望登録制度

山口県漁業就業者確保育成センターでは、希望登録制度を準備されています。登録された方には、漁業就業支援セミナーへのご案内が届きます。登録の対象は、50歳未満の方となります。

② 短期漁業研修の実施

実際に漁船に乗り込み、2泊3日程度の漁業体験を受講することが可能です。(受講料不要)受け入れ先の調整等は山口県漁協漁業就業者確保育成センターを通じて行います。

③ 新規漁業就業者総合支援事業

長期漁業技術研修を受講する新規漁業就業希望者に対して、漁業現場での実地による長期研修(最長3年間)を支援します。研修生には、指導者から賃金が支給されます。
制度の利用には、国の要件を満たすことが必要である他、条件がありますので詳しくはおたずねください。

④ 新規漁業就業者定着支援事業

長期漁業技術研修を受講する新規漁業就業希望者に対して、漁業技術、知識の習得を図るため、給付金として最大で年間180万円(最長2年間)給付します。制度の利用には、就業開始時の年齢が50歳未満である必要がある他、その他にも要件がありますので詳しくはお尋ねください。

⑤ 新規就業者経営自立化支援事業

山口県漁業就業者確保支援センターが実施する2年以上の長期漁業技術研修終了後、1年以内に経営を開始した者等に対して、経営の安定を図るため、給付金を最長3年間給付します。制度の利用には、他にも要件がありますので詳しくはお尋ねください。

就業年数 1年目 2年目 3年目
年間給付額 150万円 120万円 90万円

※支援中や支援終了後から一定期間に離職された場合には、給付金の返還が必要となる場合があります。

⑥ 新規就業者支援事業(家賃補助)

新規漁業就業を目指す漁業就業研修生が自ら居住するために借家等を借り上げて家賃を支払っている人に対し、最大3万円の補助を行います。

⑦ 新規就業者生活・生産基盤整備事業

新規漁業就業者向けに導入する漁船等の購入経費や研修生の受け入れに必要な空き家の改修経費を受け入れ先の漁業協同組合に対し助成します。新規漁業就業者は、漁業協同組合へリース料又は家賃を支払い利用します。

⑧ 各種制度資金の利用

漁業近代化資金など無利子、低利の資金を受けられる場合があります。

 

【お問い合わせ先】

山口市水産港湾課水産振興担当
TEL.083-984-8026(平日8:30〜17:15)